【クレカノトリセツ】おすすめの作り方やポイント比較など

クレジットカードやお金をうまく活用するためのトリセツです

ふるさと納税をクレジット払いするとメリットだらけな件。「今までの税金返せ!」ってなります(笑)

ただで払う税金はやめて、地方と自分へ活用しよう!

f:id:tossshy:20170731204417j:plain

 私たちが毎月支払う所得税や住民税って、いったい何に使われているんでしょうか。

 

本当に有効活用されていれば結構ですが、テレビでは納税者をバカにしたようなニュースが流れたりもしますよね。


普通であれば、自分の意志で有効な税金の使い方をしたくないですか?


・なんでこんな土地にこんなに住民税を払わなきゃいけないんだろう。

・税金って一方的な徴収だしすごく損した気分になる。


このように感じている方は大勢いらっしゃると思います。

 

そんなみなさまへおすすめしたいのが、ふるさと納税です!

おおまかに3つのメリットがあるだけで、正直これはやらなきゃ損です。


①自分がふるさと納税をした自治体が活性化する!

②自治体から豪華なお礼を受け取ることができる!

③※ふるさと納税金額の9割以上が後日税金控除になる!


③は一定の金額条件があるのですが、この特徴さえ分かっていれば大丈夫です。


かかる費用は、具体的には実質2,000円です。



要は今までただ払うだけだった税金で、豪華な特産品を手に入れることができるんです。

しかも支払った自治体は潤うし、これぞWin to Winですよね!

 

そして嬉しいことに、ふるさと納税クレジット払いが可能!

ということはもちろん、クレジットポイントもためることができるわけです。

 

ここではふるさと納税の活用法についてご紹介したいと思います。

 

1. そもそも「ふるさと納税」とは

f:id:tossshy:20170731210717j:plain

 全国の自治体が手に入れる税収は、もちろんそこに住む住民がいるからこそです。


ということは過疎化などで人口が少ない自治体はかなり不利なワケです。

地方格差が進むとこの傾向が明らかになり、その地域はますます税収が減ってしまいます。


ふるさと納税という制度は、このような地方格差を止めるべく2008年に制定されたものです。


さまざまな地域へ納税(寄付)をすることで活性化を促し、自治体もそのお礼としてさまざまな特産品などを納税者へプレゼントするシステムになっています。


地方によってはとてもオリジナリティーに富んだ特産品もあり、話題になっている所もあります。


2. 「ふるさと納税」のメリットとデメリット

f:id:tossshy:20170731213635j:plain

まず簡単に済む方からということで、デメリットはないと言えます!


強いて言えば、控除されるまでの間、しばらくお金が手元から離れることでしょうか。

ふるさと納税は、税金を前払いして特産品を受け取るような形になるからです。


その他はメリットだらけです!

  • ふるさと納税に使った金額の2,000円のみが実質的な負担。他は税金控除になる。
  • 2,000円で複数の自治体から特産品を受け取ることができる。
  • クレジット払いすればポイント還元もついてくる。
  • 自分の意志で好きな地域や、応援したい地域に納税(寄付)できる。

そんな私もまだふるさと納税未経験者ですが、今年は必ず体験するつもりです。

実際にやってみてどのような感じかは、また後日ご紹介したいと思います。

 

ゴールドカードへ無料で昇格できる件。メインカードで年間一定額利用を目指そう!

一度は狙ってみたいゴールドカード。比較的狙いやすい2枚をご紹介。

f:id:tossshy:20170729233335j:plain

年会費無料の

 

1. エポスゴールドカード

年会費無料のエポスカードをメインカードとして使っている方には、ぜひ狙ってほしいのがエポスゴールドカード。年間使用額が

 

 

2. イオンゴールドカード

20、30日の5%OFFが魅力的なイオンカードをお持ちの方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

クレジットカードのポイントだけで一泊できた件。カード払いのポイント特権をフル活用!

高額支払いは迷わず高還元率クレジットカードで!

f:id:tossshy:20170729013428j:plain

クレジットカードのポイントは、使った分だけ付いてきます。

つまり、高額な支払いをクレジットカードで払えばその分多くのポイントがもらえるわけです。

さらには、そのクレジットカードのポイント還元率が高ければ、手に入るポイントはかなり莫大なものになります。

 

ということはですよ、車の購入など高額な買い物をする時は、クレジットカード払いをしないほどもったいないことはないんです!

 


私がメインのクレジットカードを選ぶときは、すべての支払いに共通の基本還元率が高いかどうかを重視しています。

そしてもらったポイントで何がしたいか目的を決めておくんですが、私の場合はだいたい旅行です。

 

冒頭にもある通り、どうやってポイントをためて私が旅行費を生み出したのか。

ここではあくまで一個人の経験談ですが、ご参考程度になれば幸いです。

 

1. 結婚式費用をクレジットカード払い!

f:id:tossshy:20170729021106j:plain

 人生でお金を多く必要とするときといえば、マイホームや自動車の購入が真っ先に浮かびますが、冠婚葬祭もその1つです。


私は結婚式を挙げるときに、準備段階からクレジットカードポイントでの旅行費ゲットを狙っていました。

それほどお金をかけずに挙げようと思っていたのですが、気が付けば結構こだわりが入ってしまい、その分金額もなかなかのものでした。


そしてこの支払いのほぼすべてを、私はメインカードとして使っているリクルートカードプラス」で支払いました。

このクレジットカードは、基本ポイント還元率が2%(100円につき2ポイント)もつくカードで、おすすめしたいのですが残念ながら今は新規発行はされていません。

年回費が約2,000円必要なのですが、それを差し引いてもお得感があるため、カード会社さんとしても発行が難しくなったんだと思います。


正直、基本還元率2%はでかい!

最近のクレジットカードでは1~1.5%が高還元率レベルと捉えられていますが、ポイントのたまる早さは1%に比べると2倍になるわけです。


2%基本還元のクレジットカードは今では手に入らなくなってしまいましたが、少しでも還元率が大きくて、使い勝手のいいカードにしたいとお考えなら、年会費無料のリクルートカード(基本還元率:1.2%)をおすすめします!

 

2. 得られたポイント総額暴露

f:id:tossshy:20170729220358j:plain


結婚式費用はいろいろとかかるものです。

婚約指輪(or記念品)、両家の顔合わせ、式に使う備品、記念品、衣装代、お車代、披露宴費用。。。などなど。

私の場合はすべて合わせると、総額300万くらいでした。


この総費用で得られたクレジットポイントはというと、還元率2%ですから60,000ポイントになるわけです。

さらに私の場合これだけでなく、普段もメインカードとして使っていた分、毎月の生活費分などでたまったポイントが約半年分あり、これが12,000ポイント。

(1ヶ月あたり100,000円のクレジット⇒2000ポイント)

合わせると結婚式を無事に終えた時点で、72,000ポイントはありました。

 

3. 旅行サイトもクレジットカード系列で

f:id:tossshy:20170729222224j:plain


そしていよいよ待望の国内旅行を選ぶときがきました☆☆

計画的に約1年間もポイントをためると、かなりの達成感があります。


この72,000ポイントを使い、晴れて夫婦で1泊旅行をしたわけですが、ここでもリクルートが提携している旅行サイト「じゃらん」を活用させてもらいました。

旅館やシーズンによっては、運がよければここでも10%のポイントが付くことがあるんです。

せっかくだったので、有名な星のリゾートをポイントのみで堪能することができました。


私は今でも愛用のメインカードを使い、次なる旅行へ向けて日々クレジットを重ねています。

旅行サイトと提携しているクレジットカードは結構ありますので、一度旅行を目標にクレジットポイントをためてみてはいかがでしょうか。


また普段の生活でポイントをためるコツについても、過去記事で紹介していますのでご参考にしてみてください。

 

crecadepoint.hatenablog.com

 

 

 

イオンカードの特典とベネッセポイントの二刀流が可能の「ベネッセイオンカード」

イオン愛好家に嬉しいトリプルポイント式カード

f:id:tossshy:20170725230946j:plain

休日に賑わう大型ショッピングモールや商業施設でおなじみのイオンで優待が受けられるイオンカード。

これ1枚でも十分お得感はありますが、さらにベネッセサービスと一体化したクレジットカードの「ベネッセイオンカード」というものがあります。

 


このカードのすごいところは、イオンのときめきポイントWAON機能でたまるWAONポイントに加えて、ベネッセ関係のサービスやショッピングでベネッセポイントまでもためることができること!


気になる特徴についてわかりやすくご紹介します

 

☆私の特におすすめポイント

〇 年回費は無料。持つだけでお得!

〇 イオンのお買いもの「20日、30日は5%オフ ♬♬」

〇 3種類のポイント、特にときめきポイントとベネッセポイントのW(ダブル)どりができる

〇 イオンカードの特典とベネッセ商品への還元が可能

 

1. 入会費・年会費は無料です!イオンへ行くなら持つべきカードです!

f:id:tossshy:20170726005449j:plain

 まず気になる初期費用ですが、入会費や年会費は無料で持つことができます。

家族カードも同じく、年会費は一切かかりません。


さらにETCカードも年会費無料なので、まだ持ってない方はこの機に一緒に申し込みましょう。

ETCゲート車両損傷お見舞金制度も付いているので、万が一でも安心です。

 

 

楽天カードの基本スペックとは。年会費無料カードでもサービスがとても充実!

クレジットカードの王道になりつつある楽天カード

テレビCMでおなじみの楽天クレジットカードは、ポイントが貯まりやすくてクレジットカード初心者のかたでも特に使いやすいカードの1枚です。

楽天のクレジットカードにはいくつか種類がありますが、年会費無料カードでもサービスがとても充実しているので、これ1枚ですべて支払いをまとめてしまえば、相当なポイントが期待できます

今回はこの年会費無料の「楽天カード」の特徴について、要点をご紹介します。

 
 公式サイトはこちら

 

1. 初期費用は無料、年会費も永年無料!

f:id:tossshy:20170724234132j:plain

楽天カードは完全無料で作ることができます


つまり発行手数料などが無料で、年会費もずっと無料で持ち続けることができます。

ただし、ETCカードはある一定の条件を満たしていないと、年会費として540円(税込)がかかりますのでご注意ください。

楽天PointClubの会員ランクがシルバー、ゴールドの場合はこの年会費が必要になります。

 

2. 通常のポイント還元率1.0%! 楽天市場では最低でも4倍に!

f:id:tossshy:20170724234704j:plain

楽天カードを利用すると、いつでもどこでも100円につき1ポイントを貯めることができます。

通常の還元率で1%は、メインカードとして使う面でも十分なレベルです。


これが楽天市場でのお買い物では、なんといつでもポイントが4倍以上になるんです!

つまり100円につき最低でも4ポイント!これは大きいですね!

 

そのほかにも、街中の楽天ダイニング加盟店(レストラン、居酒屋、カラオケ)ならポイント2倍、ポイント加盟店(ガソリンスタンド、エステ、紳士服など)ならポイント3倍と、メインカードとして使えばかなりのポイントがすぐに貯められます。

ETCカードの精算分も、もちろんポイントが1%つくんです。

 

電子マネーチャージでも、楽天Edyへのチャージで200円につき1ポイントを貯めることができます。

 

 

オシャレなクレジットカードが欲しい人必見。エポスカードのデザインカード!

「エポスデザインカード」はオシャレで種類も豊富!

f:id:tossshy:20170723221012j:plain

せっかくクレジットカードを持つなら、オシャレなデザインのものにしたいと思いませんか?

私は少し人と違うものや目を引くようなデザインなど、なかなかお目にかからないカードを使って、周りの人にインパクトを与えるのがワクワクします(笑)

しかしほとんどのカード会社さんでは、残念ながらあまり多くのデザインでは発行していないのが現状です。


ですがしかし!!

エポスカードでは実に70種類以上のデザインから選べる「エポスデザインカード」なるものが出ているんです。

発行量として500円(税込み)がかかりますが、それでも欲しくなるようなデザインばかり!

ここではこのエポスデザインカードについてご紹介します。


1. 年回費は永年無料!

f:id:tossshy:20170723223528j:plain

先にお話した発行料:500円(税込み)さえ支払ってしまえば、その後は永年無料で使うことができます。

オシャレスポットのマルイをよく使われる方は、クレジットカードもオシャレにしてみてはいかがでしょうか。

2. デザインがもうとにかく豊富!

ここまでデザインの種類が多いクレジットカードは、おそらく国内でも最高水準です。

以下に公式ホームページから引用したイメージ画像を紹介します。

f:id:tossshy:20170723224456p:plainf:id:tossshy:20170723224505p:plainf:id:tossshy:20170723224529p:plain

f:id:tossshy:20170723224627p:plainf:id:tossshy:20170723224726p:plainf:id:tossshy:20170723224842p:plain

f:id:tossshy:20170723225059p:plainf:id:tossshy:20170723225149p:plainf:id:tossshy:20170723225351p:plain

なおここに掲載させて頂いたのはほんの一部です。

まだまだ美術的なものやかわいい動物、風景デザインなどがありますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

※デザインによっては発行終了になる場合もありますので、気に入ったものが見つかった方はこまめに確認することをおすすめします。

オシャレなカードを持ちたい女性の方々も、お気に入りのものがきっと見つかると思いますよ!

 

3. 基本スペックは通常のマルイカードと同様

 カード利用ごとのエポスポイント還元や、各種店舗での優待は通常のカードと同様ですので、こちらの記事や公式サイトを参考にしてみてくださいね。

 crecadepoint.hatenablog.com

 

やはり私のイチオシポイントは、シダックスビッグエコーのカラオケルーム料金30%OFFの優待と、ロイヤルホストの5%OFF

そしてマルイで年4回チャンスの10%OFFイベントですね。

 

また社会人の方でしたら、メインカードとしてすべての支払いをカード決済すれば年100万円以上は達すると思うので、この条件を満たしてボーナス給付される10,000ポイントも大きな魅力ですよ!

 

4. その他のデザインカードも要チェック

エポスカードでは、このデザインカードの他にもオトメイトエポスカードカプコンエポスカードコーエーテクモゲームスエポスカードなど、さまざまなゲームイラストやデザインにこだわったカードも取り扱っているんです。

 

また特定の店舗とコラボレーションカードも発行していますので、ぜひ一緒に見てみてください。

 

自動車税もクレジットカード払い可能。これってお得なのか考えた。

f:id:tossshy:20170604220754j:plain

5月の大きな出費の1つが自動車税

わたしは期限ギリギリまで意味もなく粘りましたが、ドライバーとしてもちろん支払いを済ませました。

昔は税金関係となると、クレジットカードでは払えないのが普通でしたが、今ではネット上で支払いができてしまう世の中☆

実はわたしも今回はクレジット払いしちゃいました。

 

メリットがあればクレジットカードでもいいけど、はたしてそこんとこどうなの?という方もいるでしょう。

自動車税のクレジットカード払いには次のようなメリット、デメリットがあると思いますので、参考にしてみてください。

〈メリット〉

  • ネットが使えればいつでもどこでも支払いができる
  • クレジットカードのポイントが貯まる

〈デメリット〉

  • 手数料がかかる

カラオケに有利なクレジットカードはエポスカード。ビッグエコーでお得に歌いましょう!

f:id:tossshy:20170606211510j:plain

カラオケはよく行くけど、お得になるようなクレジットカードはないものだろうか。

ここではビッグエコーをよく使う方にとてもおすすめなエポスカードをご紹介します。

このカードの大きな魅力はなんといってもこれ!↓

 

クレジットカードは持った方がいいの?メリットとデメリットは何?

f:id:tossshy:20170604221356j:plain

クレジットカードのメリット
  • 現金を持ち歩かなくてすむ
  • 使うごとにポイントがもらえる
  • お店で優待を受けることができる
  • 海外旅行の保険として使える
  • 社会人としてのステータスにできる
  • 明細を家計簿として使える
クレジットカードのデメリット
  • 支払い感覚が薄れて買いすぎてしまう
  • 年会費がかかる

ここでは以上の点についてふれたいと思います。

 

  • 現金を持ち歩かなくてすむ

大きい買い物をするとき、本来なら大量の現金を持っていかないといけませんが、

クレジットカードの魅力はやっぱり「ポイント」にあり!身近なものでどんな種類があるの?

f:id:tossshy:20170608234558j:plain

クレジットカードのポイントにはいろんな種類があります。

これからクレジットカードを作る方もどんなポイントがあってどんなカードを作ったらいいか迷ってる方もいるでしょう。

あくまでもわたしの意見として、ポイントの種類について少しご紹介しますね。

今回はよく知られているポイントとして、この3つを挙げたいと思います。

  1. Tポイント
  2. dポイント
  3. 楽天ポイント

1 Tポイント

みなさんご存じのレンタルショップ蔦谷でたまるポイントがTポイントです。

Tポイントは蔦谷だけでなく、ガソリンスタンドやガストなどのすかいらーく系列のお店、また伊勢丹やなどの百貨店でもためることができます。

わたし達の生活に広く浸透しているのが特徴で、時にはこんな所でもポイントがたまるの?と思うこともありますよ。

Tポイントに特化したネットのアプラスモールでお買い物をもですの中でも広く活用できるのが利点だと思います。

2. dポイント

ドコモの携帯やネットを利用している方なら自然とたまっているのがdポイント。

その他の回線の方でも、無料で発行できるdポイントカードを作れば、マックやでdポイントをためることができるんです!

しかもdポイントカードの登録を行うと、dポイントがたまるアンケートメールが不定期ですが送られてくるので、コツコツ回答をするといつの間にかポイントがたまってるなんてことになります。

1度に100ポイントとか多くもらえることもあるので、これはやって損はないと思います。

3. 楽天ポイント

テレビを見る方ならもうご存じの楽天カード

ネットショッピングの楽天市場は品揃えもトップクラスで大人気ですよね。

わたしもポイント○倍!と見出しがあるとついついチェックしてしまいます。

楽天市場でクレジットカードを使うのももちろんですが、その他の通常利用でも金額の1%が楽天ポイントとしてもらえるので、メインカードとして使っていれば、あっという間にたまっていきますよ。