クレジットカード活用塾 【クレカノトリセツ】

クレジットカードの特徴を踏まえて、おすすめのカードや使い方についてご紹介します。

Ponta最強クラスの「シェル-Pontaクレジットカード」は驚くほどポイントが貯まる!メインカードなら実質年会費も無料。

 ポイント還元率が光るシェル‐Pontaクレジットカード!

f:id:tossshy:20170218124831j:plain

”画像は公式HP上より引用。

 

ローソンを利用していたら、ポイントカードとしてほとんどの方が持っていると思われるPontaカード。

通常のPontaカードはクレジット機能がありませんが、これをクレジットカードにすると、ポイントの貯まり方が急激にアップするんです。

 

それが三菱UFJニコスから発行されている、「シェル-Pontaクレジットカード」☆☆

その使い易さとポイント還元率の良さから、使い方によってはポンポン貯まるどころではありません。

メインカードとしてもお勧めできますので、検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

詳細を早く知りたい方は公式HPへ

 

 

 

1:年会費は初年度無料。昭和シェルSSを使えば次年度も無料です。

 f:id:tossshy:20170218193911j:plain

 

シェル-Pontaクレジットカードの年会費は初年度無料です。

次年度からは通常1,250円(税別)がかかるのですが、Ponta加盟の昭和シェルサービスステーション(SS)でクレジット払いを一度でもすれば、次年度も無料になるんです。

つまり、昭和シェルSSでよく給油する方にとっては実質年会費無料!

メインカードにして、給油スポットのメインを昭和シェルSSにすれば、効率的にポイントが貯められます。

 

また、家族カードやETCカードも年会費無料です。

※家族カードに関しては、ポイントの貯め方が本人カードと異なりますのでご注意ください。(「2:ポイント還元率1%以上!~」をご参照ください)

 

 

2:ポイント還元率1%以上!Ponta提携のお店では通常の2倍!

 シェル-Pontaクレジットカードは、なぜポイントが貯まりやすいのか。

ここでは気になるポイント還元率について説明致します。

 

まず、ローソンなどのPonta提携店の場合、クレジット払いにすることで通常ポイントに加えてクレジットポイントが追加されるんです。

通常100円で1ポイントが、100円で2ポイントに!(還元率2%!)

 

またPonta提携外でも、クレジット払いにすることで同様にクレジットポイントをもらうことができます。

(通常ポイント、クレジットポイントは共にPontaポイントです)

 

f:id:tossshy:20170218210106p:plain

f:id:tossshy:20170218205923p:plain

 なおPonta提携外の場合は、NICOS、VISA加盟店ならクレジットポイントがもらえます。

 

 

※前述しましたが、ここで家族カードについて注意点です。

家族カードでクレジット払いをした時のクレジットポイントは、本人カードへ加算されることになります。

家族カードに貯められるポイントは通常ポイントのみとなり、本人カードのポイントサポートをする形になりますので、発行する場合は一度確認することをお勧めします。

f:id:tossshy:20170218214101p:plain

f:id:tossshy:20170218214113p:plain

 

3:ポイント還元率アップ!