【クレカノトリセツ】おすすめの作り方やポイント比較など

クレジットカードやお金をうまく活用するためのトリセツです

クレジットカードでポイントを貯める大原則。少しの工夫でいっぱいポイントが貯まるこの方法がおすすめ!

f:id:tossshy:20161117224123j:plain

   

クレジットカードでポイントを貯めるには、コツコツ貯金をするように地道にポイントを積み重ねる必要があります。

 

ただ何も考えずに使うのではなく、私はこれが重要と考えてクレジットカードを使っています。

① ポイントをいっぱい稼ぐにはどうすればいいか。

基本ポイント還元率が高いカードを使う

毎日可能な限りクレジットで支払う

 

② 稼いだポイントを最もお得に利用するにはどうすればいいか。

欲しいご褒美にポイントが使えるカードを選ぶ。

支払いは選んだカード1枚で

 

 


◇ 基本ポイント還元率が高いカードを使う

 

  f:id:tossshy:20161107213127j:plain

では具体的にポイントを貯める方法についてご紹介していきましょう。

先ずお察しの通り、クレジットカードのポイント還元率が高いこと。

ただここで重要なのが、普段どこで使用してもポイント還元率が高いことです。

 

特定のお店やサイトで購入すると2倍、3倍と還元率が高くても、それ以外の普段のショッピングでは0.5%と還元率が低い場合はポイントが貯まりやすいでしょうか。

ポイントをいっぱい稼ぐ上では、普段の生活で最も金額を使うジャンルのポイント還元率が高いとクレジットカードは真価を発揮してくれます。

 

ここで生活費を全てクレジット払いにした場合を例に、得られるポイントを考えてみます。

 

先ず特定還元率が3%その他が0.5%の場合はこのような内訳になります。

<一か月の出費:100,000円>

光熱費(0.5%): 10,000円 →50ポイント

食費(0.5%):     40,000円 →200ポイント

その他生活費(0.5%): 30,000円 →150ポイント

高還元率サイト、お店での出費(3%):  20,000円 →600ポイント

〇合計 1,000ポイント

 

では特定還元率が2%と低い代わりに、その他が1%の還元率の場合はどうでしょうか。

<一か月の出費:100,000円>

光熱費(1%):  10,000円 →100ポイント

食費(1%):      40,000円 →400ポイント

その他生活費(1%): 30,000円 →300ポイント

高還元率サイト、お店での出費(2%):  20,000円 →400ポイント

〇合計 1,200ポイント

 

いかがでしょうか。

普段の生活費でポイントが2倍になったことで、合計ポイントが200ポイント多くなりましたね。

年間で計算すると1,200ポイントも多くもらえることになります。

これはあくまで一例ですが、還元率の条件が少し変わるだけでも年間では大きな差となるんです。

 


◇ 毎日可能な限りクレジットで支払う

f:id:tossshy:20161107214048j:plain

 

 クレジットカードのポイントは、クレジットカードで支払わなければもらえません。

言い換えれば、普段私たちが使っているお金(現金)では支払いだけで終わってしまいますが、クレジットカードならお得なポイントをもらう事ができるわけです。

 

そしてその支払いには、先ほど試算でふれた普段の生活費に加え、生活上必要になる高額な生活費(例えば車検、電化製品、家の修理等)も含まれています。

さらには職場の飲み会なども高額な時がありますが、幹事の特権を使えればこのような場合も絶好の機会ですよね。

 

でも高額ならともかく、毎回クレジット払いとなると、いちいちサインしないといけないし面倒…と思われるかもしれません。

そんな方に紹介したいのが、サインレスでクレジット払いできる「Quick Pay」です。

これは電子マネーと同じ要領で、カードをかざすだけでクレジット処理ができる便利なカードなんです。

もちろん処理された金額はポイント対象となるので、これは使わない手はありませんね!

 

今では自動販売機でも導入されていたり、取扱いできる場所が確実に拡大しているのを感じます。

最近i-phoneで同様の「Apple Pay」というクレジット払いができるようになったこともあり、今後もQuick Pay方式はどんどん普及していくと思いますよ。

 


◇ 欲しいご褒美にポイントが使えるカードを選ぶ

f:id:tossshy:20161108215015j:plain

 

「クレジットカードで貯めたポイントで何をしたいか」

これはクレジットカードを決める上で、一番のポイントだと思います。

せっかく貯めたポイントが、自分の欲しい物やしたい事に交換できなかったとしたら…、他のカードにすればよかった!と後悔してしまいますよね。

 

クレジットカードは、それぞれポイントを使えるサイトやお店が異なっているので、例えば貯めたポイントで欲しい服を買いたいという場合は、欲しい服を買える通販サイトで使えるかどうか確認する必要があります。

 

f:id:tossshy:20161108225614j:plain   f:id:tossshy:20161108225635j:plain

 

私の場合、ポイントを使って国内旅行に行きたかったので、宿予約サイトでポイントを使えるリクルートカードを選びました。

 

<<


◇ 支払いは選んだカード1枚で

f:id:tossshy:20161108233604j:plain

 選びに選び抜いた究極の1枚が決定したら、あとは目標のポイントご褒美に向けて、この1枚で全ての支払いができればOKです。

 

ふと頭をよぎるのは、もらえるポイントに合わせてクレジットカードを使い分けた方が得なのでは…

例えば、給油の時はガソリンスタンドで使うと多くポイントがもらえるカードを使ったり、特定のお店で使うと多くポイントがもらえるカードは、そこへ行った時だけ使い分けたりといった感じです。

 

確かに使用頻度に合わせて使い分けたりするのも、とても堅実でいい使い方ですよね。

 

ただせっかくなら、ご褒美を一つに絞って最大限うまみを引き出した方が、味わった時の気持ちも格別になると思うんです。

またあちこちで使い分けるカードを気にしながら使うよりも、毎回無意識に使っていつのまにかポイントが貯まっていた方が、なんだか得した気持ちになれると思います。

 

あくまで私流ですが、一点集中させてポイントを貯めれば、想像以上にご褒美は大きいですよ。